ラメラ構造とは?キレイに整えるための3つのポイント

最近、「肌質を改善させるためには、ラメラ構造がポイント」ってテレビや雑誌で取り上げられてますよね。
でも正直、ラメラ構造って何?って感じですよね。

 

今回の記事では、ラメラ構造の説明とラメラ構造をキレイに整えるための3つのポイントを説明します。

 

ラメラ構造って、そもそも何?

ラメラ構造とは、「水と脂が何層もミルフィーユみたいに重なった構造」のことです。

 

左の画像のようにラメラ構造が整っている(=水と脂がきれいに並んでいる)と、
・紫外線などの外部からのダメージを防ぐことができる
・お肌の中の水分が外に逃げにくい
などのメリットがあります。

 

でも、右の画像のようにラメラ構造が乱れている(水と脂がばらばらに並んでいる)と、
・紫外線などの外部からのダメージをうけやすい
・お肌の中の水分が外に逃げてインナードライになりやすい
などのデメリットが。。

 

一言でいうと、「ラメラ構造=お肌のバリア構造」なんです(^^♪
ラメラ構造が乱れると、ニキビやインナードライの原因になるので対策が必要ですね。

 

では、どうすればラメラ構造を整えることができるのか?
チェックしていきましょう!

 

ラメラ構造を整える3つのポイント

ポイント1:物理的なダメージを減らす

上でも説明したように、ラメラ構造とは水と脂が並んだ構造のこと。
なので、「タオルでゴシゴシ拭く」「痒くてかいてしまう」「チークを塗るときにブラシを強くあててしまう」というように、物理的なダメージが大きくなると、ラメラ構造の水と脂がバラバラになっちゃいます。

 

お肌には優しく触れるのがポイントですね(^^)

 

ポイント2:セラミドやコラーゲンなどの美容成分を補給する

これは、内側からの対策ですね。
食べ物やサプリを通して、セラミドやコラーゲンなどの美容成分を補給すれば、お肌のラメラ構造(水と脂のバランス)もキレイになります。

 

美容はトータルケアが大事なので内側からもキレイにしていきましょう。

 

ポイント3:ラメラ構造に配慮した化粧品を使う

最後のポイントは、ラメラ構造に配慮した化粧品を使うこと。
化粧品は、お肌にダイレクトにつけるアイテムなので、これがいまいちだとラメラ構造も乱れてしまいます。

 

私のおススメは、ラメラテクノロジーの特許もあって効果を実感できたコンシダーマルですが、他にもラメラ構造に配慮した化粧品を使うことをお勧めします。

 

ラメラ構造で参考になる動画がYoutubeにあったので、リンクを貼っておきますね(^^)
ラメラ構造とは?[Youtube]